緑のカプセルと粉

ヘルペスは単純ヘルペスウイルスを病原とする性感染症で、80~90%の人はすぐに症状が現れることはありません。感染した後、数年~数十年くらい経った時に症状が出ることがあり、中にはウイルスに感染して数日で症状が出る人もいるので、個人差があります。再発する時と比べると、患部に水疱ができたり、痛みや腫瘍などの重い症状が出てきたりします。治療期間は2~3週間くらいかかり、特に女性は性器クラミジア感染症の次に多い感染症になっています。男性は淋病や性器クラミジア感染症の次に多い感染症で、重大な位置付けになっています。ヘルペスの基礎知識をしっかりと身に着けてから治療に臨む必要があります。

ヘルペスウイルスに一度感染すると、口唇ヘルペスでは三叉神経に潜伏し、免疫力が弱くなった時に神経を伝って再活性化し再発します。特に、口唇に腫瘍ができることが特徴です。性器ヘルペス感染症の場合には、腰骨随神経節に潜伏しながら外因腫瘍を形成して再発することが多いです。感染した後は再発しても抗体が作られるので、自然に治癒することが一般的ですが、抗ヘルペスウイルス剤などを投与することで症状が軽減され、治るまでの時間が短縮されます。殺菌的には働くことができませんが、再発と同様に起きるため、成人は80~90%が感染していると言われています。成人女性の場合には、特に70%の人が30歳までにヘルペスウイルスの抗体を持っていることもわかっています。

急性初発型・慢性再発型・無症状型・誘発型の4つの種類に分けられますが、再発を繰り返していくうちに症状が軽くなるということもあります。

急性初発型の場合は感染しても70~80%の人は無症状であり、気がついていないケースが知られています。また症状がある場合は初めて性器ヘルペスの症状を起こしますが、感染してから2~10日後に軽いかゆみの症状から始まります。全身に出る症状は発熱を始め、倦怠感や頭痛、性器に赤みがでたり、痛みによる歩行困難や排尿困難の症状がでたりすることが知られています。そのうえ、口内炎や咽頭炎を合併するケースも見られ、頂部硬直や頭痛、無菌整骨髄膜炎を起こすケースもあります。ウイルス血しょうを起こすので全身感染も見られますが、早期に正しい治療を受けることで1~2週間ほどで症状を抑えることができます。

急性初発型は治癒しても、30%くらいのケースで、慢性再発型に移行することがあります。疲労や風邪、月経などによって免疫力が低下すると、反復性の性器ヘルペスを起こしやすく、他の人にも感染させてしまうことがあります。非初発の場合は、症状自体が出るのは初めてではあるが、すでに昔、感染していたヘルペスウイルスが、全身的や局所的な免疫抑制の状態になった場合には、再活性化され病変が形成されることがあります。

再発型はすでに潜伏しているウイルスの再活性化によって、繰り返し症状が再発することが大きな特徴です。症状自体は比較的軽く、1週間以内に治癒していることが多く、稀に10~14日くらい症状が続く例もあります。病変は小さい腫瘍性や小水疱が出ることもありますが、病変ができる部分は初型とだいたい同じです。しかし少しずれたところや反対の部分にできるケースも見られます。

男性は亀頭を除く陰茎部に発症したり、腰痛や足が痺れたりすることもあります。このような再発の前駆症状が数日前から発生するため、ある程度予測がつきます。初感染した後には、稀に足の底に再発型として再発するケースもあります。きっかけとなるのは、ストレスや毎月くる生理の時に免疫力が落ちた時です。月に2~3回再発する人もいれば、年に1~2回の人もいますし、年に再発するかしないかという人もいます。

様々な症状の出方がありますが、感染しても全く症状がでないこともあります。症状がある場合にはウイルスが入っている水疱がむず痒くなると言えます。数日経つと細かい水疱ができ始め、それがズキズキと痛みを持ちます。痛みは1週間以上続き激痛に変わっていきますが、そのうち乾いて症状は治っていきます。しかしウイルス自体は体の神経に残ったりすると抵抗力が弱くなり再発したりします。