• ホーム
  • お得に治せる!クラミジアはジェネリックが豊富にある

お得に治せる!クラミジアはジェネリックが豊富にある

2020年02月19日

クラミジア感染症の治療に一般的に使用されているのは、抗菌剤のアジスロマイシンを有効成分とするジスロマックですが、これは病院で診察を受けて処方箋をもらわなければ入手することができません。しかしインターネットの通販では個人輸入を通して購入することができ、アジスロマイシンのジェネリック医薬品も入手できます。

性感染症は一般の病気に比べると、人に知られたくないと感じている人が多くいます。そんな理由から他の人に知られることなく、どうにかして治したいという希望を持っている人もたくさん存在することがわかっています。クラミジアは特に繁殖力が強いため、薬を飲んでも体内にクラミジアがまだ残っていれば、再度繁殖を起こし繰り返すことになります。これにより内服薬による治療が十分足りていなければ、クラミジアが再発します。

正規のルートで医師に診察をしてもらい、クラミジアであることを診察されると服用期間が終了した、3?4週間後に再検査をするように指示されることがあります。これには理由があり、クラミジアが完全に体内からいなくなっていることを、医師が確認することによって完治したと言えるからです。国内で正規で販売されているクラミジアのジェネリック医薬品は、基本的に厳しい審査のもとで製造や管理をしていますが、海外の場合はその審査の基準がはっきり把握されていないだけではなく、必ず効果が現れる保証もありません。インターネットの個人輸入で購入できる薬品は、体に異変が生じても全て自己責任になるリスクが伴いますので、慎重に購入する必要があります。

性感染症は性交渉を持っている人であれば誰でも感染するリスクがあり、決して恥ずかしい病気ではないことを知っておくことが大切です。クラミジアの治療は指定された期間で薬を飲み続けますが、通常では、服薬終了後に病院で陰性になっているかを検査することが必要です。個人輸入でジェネリック医薬品を入手し服用した場合でも、自宅で検査をすることができるキットを注文することができます。その場合はさらに人と顔をあわせることなく、性病の検査ができるので理にかなっているといえます。

服薬期間中に症状が軽くなった場合に、薬の服用を自己判断でやめてしまうケースがありますが、これではせっかくの治療の意味がなくなり、クラミジアの治療が不完全になってしまいます。服用をやめた時点で、体内に残っているクラミジアが増殖を始めて行きます。クラミジアは正しい治療を行うことで完治させることができ、その後は再発することもありません。

しかし病院で治療を受けている人の中には症状がなくなると治療をやめてしまうケースがありますが、完治できていなければ再発します。クラミジアにかかった場合は、最低2週間は薬を服用し、投与が終了した後の3?4週間ほど休薬期間をもうけ、さらに再度検査を行うことがポイントです。これにより、確実にジェネリック医薬品でもクラミジアを完治させることができます。