• ホーム
  • バルトレックスにはジェネリック医薬品もある

バルトレックスにはジェネリック医薬品もある

2019年12月27日
悩んでいる男性

バルトレックスにはたくさんのジェネリック医薬品が出ており、バラシクロビル塩酸塩を主成分としています。効能も単純ヘルペスウイルスや水疱瘡ウイルス、帯状疱疹ウイルスのDNA合成を阻害し、さらに増殖を抑える働きがあります。そのうえ、ヘルペスの再発を抑制することもできるので、バルトレックスと同様の効果を期待することができます。

ジェネリック医薬品は新薬と同様の有効成分で作られていることがメインです。そして医薬品や医療機器などの品質に関してと、有効性や安全性の確保に関しての決まりに基づいて、厳しい基準と規則をクリアしています。そのうえ効き目や安全性が新薬と同様であるかを調べてから発売されますので、安心して服用することができます。新薬と比べて開発にかかっている期間は短い分だけ費用が安くなっています。それにより医薬品自体の価格を安くすることができるのです。

新薬やジェネリック医薬品は厳しい基準で、品質や安全性が守られています。そのうえ消費者のために飲みやすく形を改良したり、大きくて飲みづらかった錠剤を小ぶりなものにしたりすることもできます。また苦味を感じにくくするために、糖衣錠にすることもあります。

ジェネリック医薬品で使用されている有効成分は、新薬や特許期間中で効き目や安全性が確実に確認されているものが対象になっています。また厳しい規制や基準をクリアして開発や製造がされているため、国の厳しい審査もクリアした上で新薬と同様の効き目と安全性や品質であることが証明されて初めて市場に出てきます。薬を開発した会社が特許を取れば20?25年間はその会社が独占的に、その薬を製造と販売することになります。特許期間が終了した時に開発した会社とは別の会社が、同様の有効成分を使って製造と販売する薬のことをジェネリック医薬品と呼んでいます。
開発にかける時間は新薬が9?17年です。それに比べると、ジェネリック医薬品は、すでに新薬で有効性や安全性が認められている有効成分を使用するので、開発期間は短めの3?5年になります。期間が短いだけ開発にかかるコストも大幅に削減できるので、新薬の2?5割に設定しています。

基本的に新薬やジェネリック医薬品のどちらにも、副作用が発生するリスクがあります。副作用があった時には新薬やジェネリック医薬品にも公的な制度が適用されますし、副作用は必ず現れるわけではないですが、万が一現れた時は、すぐに医師や薬剤師に相談することが基本です。

バルトレックスのジェネリック医薬品は、ネットなどで個人輸入として入手することができるものもあります。処方箋を必要としないので、どうしても医師にかかれない理由がある人は自己責任で利用することができます。ヘルペスの再発を抑制するには常時薬を飲み続けることになるので、個人輸入で多く入手しておく方法もあります。まとめて購入すれば海外からの発送量も無料になることがあるので、基本的に費用が安くなります。